ホーム 奉仕活動・アクティビティ 第37期 一年間ありがとうございました

一年間ありがとうございました


第37期会長 L広瀬直樹

ライオンズメンバーの皆様、御家族の皆様、1年間、皆様の多大なる御協力により、無事会長の責務を果たし、第38期芝田会長に引き継ぐことが出来ました。本当にありがとうございました。また理事の皆様には、浦安ライオンズクラブとして恥ずかしくない奉仕活動が出来るようご指導いただき感謝しております。そしてより楽しいクラブの運営にあたり、幹事熊切ライオン、会計池尾ライオン、ライオンテーマー内山ライオン,副ライオンテーマー東ライオン、副副ライオンテーマー高梨芳明ライオン、テールツイスター渡辺清昭ライオンには多大な御負担をおかけしてしまいました。本当にありがとうございました。でも楽しかったですよね。

チャリティーゴルフ、献血、薬物乱用防止、盲人留学生交流会、盲導犬募金、色々な奉仕活動を通して、多くの方々と知り合うことが出来ました。新しい仲間も増えました。大塩ライオン、飯盛ライオン、渡辺照雄ライオン、後藤ライオン、これからも楽しい奉仕活動をしていきましょう。今年初めて試みた、薬物乱用防止の寸劇は、保戸田委員長やメンバーの活躍により、子供たちに大変喜ばれました。メンバーも楽しかったと思います。

奉仕活動に積極的に参加することが、メンバーみんなにとって大事なことだと痛感しました。会長になったことで、色々な集まりに呼んでいただき、本当に楽しい一年間でした。

特に印象深いかかったのは、大塚ライオンと、内田ライオンの心配りにより、前国際会長マヘンドラ・アマラスリヤライオンが日本に来日されたおり、ホテルの壇上にて、ご挨拶を出来たことは、ライオンズマンとして、感無量でした。

わがクラブは、先輩ライオンの御尽力と御活躍により、伝統と文化のあるクラブとなっております。先輩方が築き上げてこられた、心ある奉仕の精神を未来へつないでいくために、これからも努力をしていきたいと思います。

2009.06.03掲載